RECENT NEWS


東京日本橋室町三井タワーに、2019/9/27にオープンしたコレド室町テラスで、ユニークな吹きガラス体験工房が始まりました。

カテゴリ

コールドワーク

コールドワーク(ColdWork)とは、すでに製品になっている冷えたガラスを、更に加工して、創造的且つ付加価値の高い作品を作る分野の事です。主な技法に、ステンドグラス、ダル・ド・ヴェール、ラミネートガラス、サンドブラスト、エッチングなどがあります。

ウォームワーク

ウォームワーク(WarmWork)とは、炎を使わない熱源(電気炉)などを使用して、変形、溶解、溶着などの加工を行い、ガラスのカレット、フリット、パウダー、ガラス技、ガラス棒などを素材として使います。別名キルン(KilnWork)とも呼ばれます。

ランプワーク

ランプワーク(LampWork)とは、熱源としてランプの炎を昔は使っていたので、その名残りが今に引き継がれております。
現在では、主に卓上用のバーナー(トーチ)を使用して、ガラス棒やガラス管を変形、造形して新たな作品を作る分野のことを言います。バーナーワーク、フレイムワーク、トーチワークなどとも呼ばれています。

ホットワーク

ホットワーク(HotWork)とは、溶解炉で溶かしたガラスを宙吹きや流し込みの技法を使って、新たな作品を作る分野です。一般に吹きガラスの名前で知れ渡っています。

ネオンアート

ガラス工芸の各分野の技法を使い、先ず中空の作品を作ります。現在多く用いられている技法は、ランプワーク、吹きガラス、フュージングなどです。
中空の作品ができたら、真空装置に作品を取り付け、内部の空気を全て抜いて真空状態にします。
そして、ネオンガスやアルゴンガスなどの希少ガスを充填し、電極を取り付け、高電圧をかけることにより、光る作品を作ります。
ガラス工芸の中では比較的新しい分野です。

マシーナリー

ガラスは非常に硬い分質なので、切る、滑す、磨くなど最終加工を行うのにも手作業でやっていると(昔の人の苦労は大変なものだったと想像できますが)、非常に時間がかかり、とても非効率です。
現在では、多くの機械が出来ており、それらを使うことにより、本来の創造の方により集中できるようになりました。

  
  
2018年 
ホットワーク関連カタログ
カタログ名をクリックして開いてください。
閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。
2019年
マシナリーカタログ
2013年
ランプカタログ
2010年
キルンワーク カタログ

manufacturer,burner,lamprwork,stainedglass,glass,blowing,fusing,kiln,Neon,cutting,machine,polishing,etching,sandblast,tiffany,odessey,tag,northstar,reichenbach,kugler,essemce,jimmoore,arnoldburner,moretti,glass,dichro,furnace,grinder,patedeverre,ガラス材料,モレッティ,ガラス工芸,グラスアート,ガラス細工,ステンドグラス,吹きガラス,バーナーワーク,とんぼ玉,ベネチアガラス,フュージング,ネオン,サンドブラスト,キルン,ダイロ,金箔,ホウケイ酸ガラス,パイレックス,ボロシリケート,ソーダ,エアバーナー,ホットグラス,作家,工房,教室,ガラスのことなら,道具,機械,ノウハウ,ロペックス,ROPEX,ガラス工芸,グラスアー,ガラス棒,溶解炉,電気式,ヒーター,高温用接着材,UV接着剤,モールド型,離型剤,断熱材,型材,体験,パイオニア,マイクヤマシタ,社長,料理,沖縄,小樽,網走,吹きガラス工房,アトリエ,フォトボンド,通販,モールドミックス,酸素バーナー,シュタイナーモールド,ストリンガー,工具,グラスター,ダイクロストリップ,ヘルペイント,ボーレ,ラップ盤,station99,エナメル,ガラスルーター,ミルフィオリ,価格,研磨,ガスバーナー,ガラス細工,絵付け方法,機械部品,耐火,販売,平盤研磨機,グローリーホール,ガラスフリット,ダイクロガラス,ベツレヘム,ワールドクラフトセンター,格安,飛散防止,カーボン,シェルフプライマー,ひっかき棒,機械,紫外線硬化 ,吹きガラスの道具,設備,耐火石膏,保護メガネ,