ネオンアート

ガラス工芸の各分野の技法を使い、先ず中空の作品を作ります。
現在多く用いられている技法はランプワーク、吹きガラス、フュージングなどです。
中空の作品ができたら真空装置に作品を取り付け、内部の空気をすべて抜いて真空状態にし、さらにネオンガスやアルゴンガスなどの希少ガス充填します。
電極を取り付け、高電圧をかけることにより、光る作品を作るガラス工芸の中では比較的新しい分野です。

  
  
2018年 
ホットワーク関連カタログ
カタログ名をクリックして開いてください。
閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。
2019年
マシナリーカタログ
2013年
ランプカタログ
2010年
キルンワーク カタログ